MENU

【2024年5月】楽天ひかりのキャンペーンはお得!?楽天モバイルユーザーはどの光回線を選ぶべき?

当ページの一部にはプロモーションが含まれます。

楽天ひかりでは、1年無料キャンペーン工事費無料キャンペーン等、お得なキャンペーンが開催されていましたが終了してしまいました。

2024年5月時点で開催中のキャンペーンは「他社からの乗り換えで1年間毎月2,200円割引き」「楽天ポイント+2倍(SPU)」です。

なお、楽天ひかりは楽天ショップ(家電量販店含む)等から申し込みをしても、他の光回線のように申し込む窓口によってキャンペーンが変わる事はありません。

楽天ひかりを申し込むならWEBでも、店舗でもどちらでもOKです。

このページでは楽天ひかりのキャンペーンについて、適用条件や注意点などを詳しく解説していきます。

また、楽天ひかりと他の光回線とキャンペーンやコストについても比較していますので、楽天ひかりを検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

2024年5月楽天ひかりのキャンペーン

楽天ひかりが2024年5月に行っているキャンペーンは次の2点です。

  • 楽天モバイルとセットで6カ月間基本料金無料
  • 楽天モバイルとセットでポイント7倍

それぞれのキャンペーンについて解説していきます。

楽天モバイルとセットで6カ月間基本料金無料

楽天モバイルユーザーの方がキャンペーン期間中に楽天ひかりを申し込むと楽天ひかりの月額料金が6カ月間無料になります。

キャンペーンの内容

プラン名1~6カ月目月額料金7ヵ月目以降月額料金
ファミリープラン0円5,280円
マンションプラン0円4,180円

楽天モバイルと楽天ひかりをセットで利用することで、楽天ひかりの基本月額料金が6カ月間0円になります。

セットで使う楽天モバイルは、利用中でも新規契約でも割引の対象となります。

キャンペーン期間

Webからの申し込み:2024年1月16日(火)10:00~終了未定
ショップでの申し込み:2024年1月16日(火)開店~終了未定

キャンペーンの適用条件

  • 楽天会員であること
  • 楽天ひかりを始めて申し込むこと
  • 「Rakuten最強プラン・Rakuten最強プラン(データタイプ)」利用中、または、「Rakuten最強プラン・Rakuten最強プラン(データタイプ)」へのお申し込みおよびプラン利用開始すること
  • 楽天ひかり申し込みから4カ月以内に楽天ひかりを利用開始すること

楽天ひかりの利用で楽天ポイント+2倍

楽天ひかりを利用すると、楽天ポイントがたまりやすくなります。

楽天ひかりは楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)に対応しているので、楽天ひかりのファミリープランおよびマンションプランの契約で、楽天市場で買い物をすると楽天ポイントが+2倍となります。

楽天SPUは楽天ひかりの他に楽天モバイルや楽天カードなど楽天グループのサービスを利用することで、ポイントが最大16.5倍になるサービスです。

楽天SPU付与ポイント例

楽天SPU倍率付与ポイント(100円につき)
楽天会員+1倍1ポイント
楽天ひかり+2倍2ポイント
楽天カード+1倍1ポイント
楽天モバイル+4倍4ポイント
合計+8倍8ポイント

楽天モバイルユーザーが楽天ひかりを契約し、楽天カードを持っていれば楽天市場で1,000円の買い物をすると、80ポイント(80円相当)がもらえます。

楽天会員だけの場合だと1,000円の購入で10ポイントなので8倍のポイントがもらえることになります。

楽天市場で買い物をする人にとってはとてもお得なサービスです。

楽天ひかり契約で楽天ポイントが+2倍

楽天ひかりのキャンペーン注意点

楽天ひかりは月額料金が安く、キャンペーンの適用で1年間2,200円割引価格で利用できますが、注意しなければいけない点があります。

楽天ひかり申し込み後に後悔しないよう、ここからは楽天ひかりに関する注意点を解説していきます。

楽天ひかりはスマホとのセット割が無い

ドコモ光やソフトバンク光はスマホとセットで利用することで、スマホの月額料金が割引になるセット割が適用になりますが、楽天ひかりは楽天モバイルとのセット割がありません

楽天ひかりがサービスを開始した当時は楽天モバイルとセットで利用すると楽天ひかりの月額料金が1年間無料のキャンペーンもありましたがすでにこのキャンペーンは終了しています。

楽天ひかりは工事費が有料

光回線を利用するためには建物に光ファイバーを引き込む工事が必要です。

工事は有料となっており、光回線により金額は異なりますが、一般的な工事費の相場は20,000円から40,000円です。

しかし、ほとんどの光回線がキャンペーンの適用で工事費実質無料です。

楽天ひかりは工事費実質無料のキャンペーンを行っていないため、新規契約やauひかり、NURO光などからの乗り換えの場合工事費が必要です。

楽天モバイルも以前は工事費実質無料キャンペーンを行っていましたが、今は工事費無料キャンペーンは廃止されています。

楽天ひかりの工事費

支払い回数屋内配線工事有り
(派遣工事有)
屋内配線工事無し
(派遣工事有)
派遣工事無し
一括22,000円11,660円3,300円
分割(24回)916円×24回485円×24回137円×24回

楽天ひかりを新規契約の場合、楽天ひかりの月額料金工事費の合計毎月支払う料金)は次のようになります。

プラン名月額料金
(1~24カ月目)
月額料金
(25カ月目以降)
ファミリープラン6,105円5,280円
マンションプラン4,867円4,180円

他社光回線の料金を考慮すると楽天ひかりを新規で契約するのは高額です。

他の光回線と料金を比較して検討した方が、毎月の家計費を安く抑える事も可能です。
楽天ひかり以外のお得な光回線へ

楽天ひかりを事業者変更で契約する場合は、月額割引キャンペーンが適用されて安く利用することが可能です。

楽天ひかりはキャッシュバックが無い

ドコモ光やソフトバンク光は契約時のキャンペーンでキャッシュバックがありますが、楽天ひかりは月額料金割引のキャンペーンはありますが、キャッシュバックのキャンペーンはありません。

他の光回線とキャンペーンを比較してみます。

楽天ひかりGMOとくとくBB光ドコモ光ソフトバンク光ビッグローブ光
キャッシュバック無し30,000円38,000円40,000円40,000円
その他のキャンペーン・月額料金割引
・楽天SPU2倍
・他社解約違約金補助10,000円キャッシュバック
・オプション加入でキャッシュバック増額
・Wi-Fiルーターレンタル無料
・工事費無料
・無線LANルーター無料
・dポイント付与
・開通前Wi-Fi無料レンタル
・U-NEXT6カ月無料
・工事費実質無料
・開通前Wi-Fi無料レンタル
・工事費実質無料
・解約違約金0円
・無線LANルーター1年無料
・オプション加入でキャッシュバック増額
セット割
ドコモソフトバンク
ワイモバイル
au
UQモバイル

同じNTTの光ファイバーを使った光コラボレーションの中でも、楽天ひかりはキャンペーンが少なくなってしまいます。

お得に光回線を契約したい方は、楽天ひかりを選ぶ理由はありません。

ただし、キャッシュバックよりも初めの1年間を安く利用したいという人には、楽天ひかりはおすすめの光回線となります。

楽天ひかりへ事業者変更で1年間月額2,200円割引キャンペーン中

楽天ひかりと他の光回線を比較

楽天ひかりは1年間毎月2,000円割引のキャンペーンがありますが、他の光回線と比較した場合おすすめの光回線なのか解説していきます。

ここではスマホとのセット割が無く、月額料金が安いGMOとくとくBB光と比較していきます。

項目楽天ひかりGMOとくとくBB
月額料金5,280円4,818円
契約事務手数料880円3,300円
工事費19,800円実質無料
キャッシュバック24,000円相当割引30,000円
契約期間3年間契約期間なし
3年間のコスト186,760円146,748円

3年間のコストを比較するとGMOとくとくBB光の方が40,012円安くなります。

3年間のコストだけではなく、月額料金もGMOとくとくBB光の方が月額料金が安いので、利用期間が長ければ長いほどGMOとくとくBB光の方がコストは低くなりお得です。

また上記のコストは事業者変更で1年間月額料金割引キャンペーンが適用になった場合のコストで、新規契約・転用の場合は月額料金割引のキャンペーンが適用にならないので、さらにコストは22,000円増額します。

GMOとくとくBB光は、光回線の中でも1位を争う程、セット割を気にせずお得に契約できる光回線です。

GMOとくとくBB光のキャンペーン

楽天ひかり以外のお得な光回線(光回線はスマホとセットがお得)

光回線は楽天ひかりの他にもたくさんありますが、ここで楽天ひかり以外のお得な光回線を楽天ひかりと比較しながら紹介していきます。

楽天モバイルなら《GMOとくとくBB光》

GMOとくとくBB光はセット割はありませんが、料金が安い光回線です。

利用しているスマホは楽天モバイル、光回線は「楽天ひかり」と 「GMOとくとくBB光」を利用した際の合計コストを比較してみます。

どれだけGMOとくとくBB光が安いかわかります。

楽天ひかり+楽天モバイルGMOとくとくBB光+楽天モバイル
月額料金(2年間)5,280円(126,720円)4,818円(115,632円)
契約事務手数料880円3,300円
工事費19,800円実質無料
キャッシュバック26,400円相当割引30,000円
スマホ代金(2年間)3,278円(78,672円)3,278円(78,672円)
2年間のコスト199,672円167,604円

GMOとくとくBB光と楽天モバイルのセットの方が、2年間の総支払額は安く通信費を節約できます。

また、GMOとくとくBB光は月額料金が安くキャッシュバックがあるだけではなく、それ以外にもキャンペーンが豊富なので、セット割が適用にならないスマホを利用している場合の人に、おすすめの光回線です。

GMOとくとくBB光のキャンペーン
  • だれでも30,000円キャッシュバック
  • 他社解約違約金還元!キャッシュバック最大60,000円増額
  • オプション加入で最大24,000円キャッシュバック増額
  • 工事費実質無料
  • v6プラス対応のWi-Fiルーターが無料

30,000円キャッシュバックがもらえる!無線LANルーター無料レンタル!

楽天ひかりと楽天モバイルをセットで利用しても他の光回線のようにセット割が適用になるわけではありませんが、楽天モバイルを利用すれば他のキャリアよりも月額料金が安くなり、楽天ポイントも4倍となります。

楽天市場をよく利用するのであれば、楽天モバイルと楽天ひかりをセットで利用することで、より楽天ポイントがたまりやすくなります。
楽天ひかりの公式サイトはこちら

ドコモのスマホなら《ドコモ光》

ドコモのスマホユーザーが楽天ひかりまたはドコモ光を使った場合の2年間の通信費を比較してみます。

項目楽天ひかり+docomoドコモ光+docomo
月額料金(2年間)5,280円(126,720円)5,720円(137,280円)
契約事務手数料880円3,300円
工事費19,800円無料
キャッシュバック26,400円相当割引27,000円
スマホ代金(2年間)7,128円(171,072円)6,028円(144,672円)
セット割1,100円/月
3年間のコスト292,072円258,252円

スマホの料金が毎月1,100円割引になる点や、ドコモ光のキャッシュバックなどのキャンペーンを含めて比較するとドコモのスマホユーザーはドコモ光の方法がお得になります。

キャッシュバック以外のキャンペーンも含めると、ドコモ光は上記の表以上にお得になります。

ドコモ光のキャンペーン
  • 27,000円キャッシュバック
  • 新規工事費完全無料
  • 他社インターネットから乗り換えで15,000円キャッシュバック増額
  • 10ギガプラン契約で47,000円キャッシュバック+dポイント17,000ptもらえる
  • 開通前モバイルWiFi無料レンタル
  • v6プラス対応ルーター無料レンタル

27,000円キャッシュバック!無線LANルーター無料レンタル!

ソフトバンクのスマホなら《ソフトバンク光》or《NURO光》

ソフトバンクのスマホとのセット割の比較をした光回線は、光コラボレーションの《ソフトバンク光》と通信速度の速い自社回線を利用した《NURO光》を比較してみます。

項目楽天ひかり+SoftBankソフトバンク光+SoftBankNURO光+SoftBank
月額料金(2年間)5,280円(126,720円)5,720円(137,280円)5,200円(124,800円)
契約事務手数料880円3,300円3,300円
工事費19,800円実質無料実質無料
キャッシュバック26,400円相当割引30,000円60,000円
スマホ代金(2年間)7,238円(173,712円)6,138円(147,312円)6,138円(147,312円)
セット割1,100円/月1,100円/月
3年間のコスト294,712円257,892円230,412円

ソフトバンクユーザーの方は、NURO光が一番安いコストで利用できます。

特にNURO光 for マンションは月額料金が安く(月額2,750円)、キャンペーンも豊富なためおすすめです。

ただし、NURO光は自社の光ファイバーを利用するため、地域が限定されるため、利用できない場合があります。

SoftBankユーザーで、NURO光対象外の地域の人は、ソフトバンク光がおすすめです。

NURO光のキャンペーン
  • キャッシュバック60,000円(NURO光 for マンションは25,000円)
  • 工事費実質無料
  • NURO光開通前Wi-Fi無料レンタル
  • オプション加入で最大20,000円還元

今なら60,000円キャッシュバックがもらえる!

ソフトバンク光のキャンペーン
  • キャッシュバック40,000円※転用・事業者変更の場合19,000円
  • 工事費実質無料(工事費サポートはじめて割・乗り換え新規で割引キャンペーン)
  • ADSL利用者限定 回線工事費無料キャンペーン
  • 他社解約違約金還元(あんしん乗り換えキャンペーン最大10万円キャッシュバック
  • 開通前ポケット型Wi-Fiまたはホームルーター無料レンタル
  • 動画配信サイト「U-NEXT」が6カ月間無料

最短翌々月末キャッシュバック!40,000円キャッシュバックがもらえる!

auスマホなら《ビッグローブ光》or《auひかり》

auのスマホユーザーはauひかりやビッグローブ光のセット割が適用になりお得ですが、楽天ひかりを利用した場合のコストをそれぞれ比較してみます。

項目楽天ひかり+auビッグローブ光+auauひかり+au
月額料金(2年間)5,280円(126,720円)5,478円(131,472円)5,610円(133,320円)
契約事務手数料880円3,300円3,300円
工事費19,800円実質無料実質無料
キャッシュバック26,400円相当割引40,000円93,000円
スマホ代金(2年間)7,128円(171,072円)6,028円(144,672円)6,028円(144,672円)
セット割1,100円/月1,100円/月
3年間のコスト292,072円239,444円188,292円

一番コストが低いのはキャッシュバックが高額なauひかりです。

また、ビッグローブ光やauひかりは工事費も実質無料となっているため、コストはさらに抑えることが可能です。

ただし楽、天ひかりは月額料金は低価格なので、スマホをauではなく楽天モバイルなどを利用すればauひかりやビッグローブ光よりも長期的に比較すれば低価格となります。

auひかりのキャンペーン
  • キャッシュバック最大93,000円 or 63,000円【窓口特典】
  • 工事費実質無料【公式特典】
  • 乗り換えスタートサポート最大30,000円キャッシュバック【公式特典】
  • 乗り換えスタートサポート(上乗せキャッシュバック)最大20,000円【公式特典】
  • 乗り換えスタートサポート(スマートバリュー特典)最大10,000円【公式特典】
  • 開通までモバイルルーター無料レンタル【窓口特典】
  • 10ギガスタート割引キャンペーン【公式特典】
  • 超高速スタートプログラム【公式特典】

最大93,000円キャッシュバックがもらえる!

ビッグローブ光のキャンペーン
  • キャッシュバック40,000円または月額料金割引
  • 工事費実質無料キャンペーン
  • 解約違約金無料キャンペーン
  • 無線LANルーター1年間無料キャンペーン
  • ビッグローブ光テレビキャンペーン(1万円キャッシュバック
  • 10ギガタイプ1年間割引キャンペーン(1年間は1ギガの料金で利用可能)

40,000円キャッシュバックがもらえる!無線LANルーター1年無料レンタル!

光回線はスマホとセットで利用するのが基本的にはおすすめですが、楽天モバイルでも電波が届く地域の方なら楽天モバイルとGMOとくとくBB光などセット割が適用にならない組み合わせの方がコストを低く抑えられます。

楽天ひかりの申し込みの流れ

楽天ひかりは楽天ショップでも申し込むことができますが、ショップでの契約はわざわざ店舗まで行かないと契約ができないため、おすすめは24時間365日いつでも自分の好きな時間に申し込みができるインターネットからの契約がおすすめです。

そこで楽天ひかりのホームページから楽天ひかりを申し込む流れを解説していきます。

楽天ひかりを契約する前に準備しておくもの

楽天ひかりを申し込む前に下記の物を準備しておきます。

  • 楽天会員に登録する
  • 転用の場合は転用承諾番号、事業者変更の場合は事業者変更承諾番号
  • 支払いに使うクレジットカード(楽天カードがおすすめ)

転用承諾番号・事業者変更承諾番号は下記の窓口で手続きを行います。

転用承諾番号NTT東日本のWEBサイトまたは電話で【0120-140-202】
NTT西日本のWEBサイトまたは電話で【0120-553-104】
事業者変更承諾番号利用中の光コラボレーションサポートセンター

発行された承諾番号は発行日より15日間の有効期限がありますので、発行後は早目に手続きを行ってください。

15日を過ぎてしまうと承諾番号を取り直さなければいけません

楽天ひかりの申し込み

STEP
楽天ひかりの公式サイトにアクセスする

下のボタンから楽天ひかりの申し込みページにアクセスします。

STEP
楽天ひかりを申し込む

楽天ひかりのホームページが開いたら【お申込み】をクリックします。

STEP
ご利用状況の確認

「ご利用状況の確認」のページに移動するので、現在のインターネット環境をクリックします。(ここでは光コラボレーションを利用している場合を例として解説していきます)

建物のタイプや契約者名など必要事項をすべて入力し、事前に用意した事業者変更承諾番号を間違えの無いように入力し、最後に【楽天会員ログイン・新規登録】をクリックします。

STEP
楽天会員にログインする

楽天会員ログイン画面に移動するので、ユーザーIDとパスワードを入力して【ログイン】をクリックする。
楽天会員に登録していない場合は【楽天会員に新規登録(無料)してサービスを利用する】をクリックして楽天会員い登録します。

ログインをクリックするとログインの確認画面が表示されるので【同意する】をクリックします。

STEP
お申込み者情報の入力

お申込み者情報の入力」の画面に移動したら、必要事項をすべて入力し【名義人情報の入力へ進む】をクリックします。

STEP
名義人情報の入力

楽天ひかりの設置先固定電話の状況を選択して【お支払い情報の選択へ進む】をクリックします。

STEP
お支払情報の選択

楽天ひかりの工事費と月額料金の支払い方法を選択します。

楽天ひかりの支払い方法は楽天カードで支払いすると楽天ポイントがたまるので、楽天カードを登録するのがおすすめです。

すべて入力したら【お申込み内容の確認をする】をクリックします。

STEP
お申し込み内容の確認

申し込み内容の確認画面が表示されますので、すべての入力に間違いがないか確認して「上記規約に同意する」にチェックを入れて【お申し込みを確定する】をクリックします。

以上で楽天ひかりの申し込みは終了となります。

申し込み後に楽天ひかりから申し込み内容の確認メールと工事日の日程に関する電話がかかってきます。

オペレーターと申し込み内容の確認および工事日の調整を行い申し込みが完了となります。

楽天ひかり申し込みから開通までの流れ

次にインターネットからの申し込み完了後から楽天ひかりが利用できるようになるまでの流れについて解説していきます。

STEP
楽天ひかりから電話

申し込み後に楽天ひかりから申し込み内容の確認メールと工事日の日程に関する電話がかかってきます。
オペレーターと申し込み内容の確認および工事日の調整を行います。

STEP
楽天ひかりから書類の送付

申し込み後楽天から書類が送られてきます。
書類の中には「楽天ひかりアカウントのお知らせ」が入っています。
楽天ひかりアカウントのお知らせに記載された「楽天ひかり接続用ID」と「接続用パスワード」が記載されています。
インターネットに接続する際に必要なので大事に保管してください。

STEP
工事

訪問工事の場合必ず立ち合いが必要なので、契約者または家族の方の在宅している必要があります。
工事担当者は宅内の指定した場所に通信機器(ONUやホームゲートウェイ)を接して作業完了となります。
工事は1時間から2時間かかります。

STEP
ルーターの設置およびインターネット接続設定

工事担当者はONUやホームゲートウェイの設置までの接続を確認して作業終了となります。
工事完了後は契約者自身でONUやホームゲートウェイとパソコンや無線LANルーターを接続します。

接続の方法は楽天から送られてくる接続ガイド参照して設定を行ってください。
この際に事前に送られてきた「楽天ひかり接続用ID」と「接続用パスワード」を通信機器に設定します。

STEP
開通

すべての設定が完了したらインターネットに接続し開通の確認を行います。

楽天ひかりとRrakuten Turboを比較

楽天ひかりは光回線の工事が必要なので、工事費が別途かかる以外に工事が完了してインターネットが利用できるまで時間がかかってしまいます。

すぐにインターネットを使いたい方には、同じ楽天のサービスで携帯電話の電波を利用してインターネットに接続するサービスRakuten Turboがあります。

そこで楽天ひかりとRrakuten Turboを比較してみます。

項目楽天ひかり(ファミリー)楽天ひかり(マンション)Rakuten Turbo
月額料金5,280円4,180円4,840円
契約事務手数料880円880円3,300円
工事費19,800円16,500円41,580円(端末代金)
キャッシュバック2,200円×12カ月割引
26,400円相当割引
2,200円×12カ月割引
26,400円相当割引
2,860円×12カ月割引
34,320円相当割引
2年間のコスト121,000円91,300円126,720円

Rakuten Turboの月額料金はファミリープランよりも低価格ですが、端末代金が高額なので総額で一番高額になってしまいます。

ただし、Rakuten Turboは楽天モバイルセットで利用するか、もしくは楽天市場で対象のジャンルの商品を1円以上購入すると楽天ポイントが20,000ポイント還元されます。

キャッシュバックではありませんが、楽天市場で20,000円相当の買い物ができるので、Rrakuten Turboは通信速度にこだわらなければ楽天ひかりのファミリーよりもお得に利用出来ます。

通信速度は楽天ひかりの方が高速で安定した通信ができます。

Rrakuten Turbo 20,000ポイントプレゼントキャンペーン

Rrakuten Turboをキャンペーン期間中に契約すると楽天ポイント20,000ポイントをもらえます。

キャンペーンの適用条件

  • Rakuten TurboとRakuten Turbo 5Gを同時契約すること
  • 「Rakuten最強プラン」を利用中か「Rakuten最強プラン」への申し込み&プラン利用開始すること。
    (楽天モバイルを利用していない場合については楽天市場で対象ジャンルの商品を1円以上購入すること)
  • キャンペーンにエントリーをすること

ポイント付与時期

Rakuten Turboの利用が確認された月の翌々月末日ごろ進呈

20,000ポイントは楽天モバイルユーザーだけでなく、楽天会員であれば楽天市場で1円以上の買い物(指定ジャンル)をすると、楽天ポイント20,000ポイントをもらえます。

20,000円相当の楽天ポイントがもらえる

楽天ひかりのよくある質問

工事費に関するキャンペーンはありますか?

2024年1月時点では工事費に関するキャンペーンは行われていません。

楽天ひかりの月額料金を知りたい

楽天ひかりの料金は下記の通りです。
・ファミリープラン(戸建て向け):月額5,280円
・マンションプラン(集合住宅向け):月額4,180円
キャンペーン期間中に付きファミリープラン、マンションプランともに1年間2,200円が毎月上記の金額より割引されます。

楽天ひかりの通信速度は?

楽天ひかりはNTTの光ファイバーを利用した光コラボレーションなので他の光回線と同じ上り下り1Gbpsとなっています。

楽天モバイルとセットで利用すると割引はあるの?

楽天ひかりは楽天モバイルとセットで利用しても割引はありません。
しかし楽天ひかりは楽天SPUに対応しているので楽天ポイントが通常よりも貯まりやすくなります。

楽天モバイルはIPv6を利用出来るの?

楽天モバイルはIPv6接続が利用出来ます。
ただしIPv6の通信規格はDS-Liteという規格を利用しているので、ルーターの機種によっては利用できないものがあります。
ルーターを新しく買い替える場合は、TransixやクロスパスなどのDS-Liteに対応したルーターを購入してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次