MENU

GMOとくとくBB光の悪い評判はホント?口コミ・評判を解説

当ページの一部にはプロモーションが含まれます。

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)は【光コラボアワード2023】で総合満足度最優秀賞を受賞した人気の光回線です。

GMOとくとくBB光は月額料金が安く、お得なキャンペーンも実施中の光回線で、月額料金を抑えながら快適なネット環境を実現したい人に特におすすめです。

そこでこのページではGMOとくとくBB光を実際に利用している人の評判なども合わせ、キャンペーンなどGMOとくとくBB光について詳しく解説していきます。

GMOとくとくBB光の特徴

  • 月額料金が安い
  • キャンペーンが豊富
  • 契約期間が無い(縛りなし)
  • IPv6接続でネットが快適

月額料金の安さとキャンペーンの豊富さは注目です!

目次

GMOとくとくBB光の評判

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)を実際に利用している人の評判や、口コミで多いコメントを集めて良い評判と悪い評判を見ていきます。

GMOとくとくBB光を検討中の方は参考にしてください

GMOとくとくBB光の良い評判(口コミ)

先ずはSNS上でのGMOとくとくBB光の良い評判を紹介します。

料金に関する口コミ

  • 他社と比較しても安いです!
  • 業界最安値でありながら回線速度も安定!
  • 格安で十分満足(キャッシュバックが高額)

他社と比較しても安いです!

上記のようにGMOとくとくBB光の良い口コミ・評判を調べていくと多いのは月額料金についてです。

GMOとくとくBB光の月額料金を他社と比較してみます。

他社光回線との月額料金比較

光回線名戸建てプランマンションプラン
GMOとくとくBB光4,818円3,773円
ドコモ光5,720円(902円)4,400円(627円)
ソフトバンク光5,720円(902円)4,180円(407円)
ビッグローブ光5,478円(660円)4,378円(605円)
楽天ひかり5,280円(462円)4,180円(407円)

※カッコ内の料金はGMOとくとくBB光との差額

月額料金の高額な光回線と比較すると月額400円~900円程度安く、年間で5,000円から10,000円の節約ができます。

注意点として、上記の月額料金はGMOとくとくBB光特設ページから申し込んだ場合の月額料金となります。

特設ページと通常ページの月額料金比較

通常サイト特設サイト
戸建てプラン5,390円/月4,818円/月
マンションプラン4,290円/月3,773円/月

通常サイトも特設サイトもGMOとくとくBB光の公式サイトですが、特設サイトの方が戸建てプランで572円、517円毎月安く利用出来ます。

どちらから申し込んでもGMOとくとくBB光の内容は変わりありませんので、特設サイトからの申し込みの方がお得にGMOとくとくBB光を利用出来ます。

他にも良い口コミはありますが、GMOとくとくBB光といえば月額料金が他の光回線よりも安い点が一番のポイントです!

格安で十分満足(キャッシュバックが高額)

GMOとくとくBB光は月額料金が安いだけでなく、キャッシュバックも高額です。

またキャッシュバックだけでなく、他社からの乗り換え時にかかる解約違約金還元など、キャンペーンも充実しています。

GMOとくとくBB光のキャンペーンは次の通りです。

2024年2月のキャンペーン

  • キャッシュバック30,000円
  • 工事費実質無料
  • 他社解約金最大60,000円還元
  • オプション加入で最大25,000円増額
  • 無線LANルーター無料レンタル

ただし、悪い口コミ・評判でも触れますが、キャッシュバックは指定の手続きを行わないと受け取れない場合があります。

そのようなことが無いよう、しっかりとキャッシュバックの受取り方法を理解しておくことが重要です。

だれでも30,000円キャッシュバックがもらえる!

GMOとくとくBB光の悪い評判(口コミ)

これからGMOとくとくBB光を検討している人が気になるのは、良い口コミ・評判よりも悪い口コミ、評判ではないでしょうか?

GMOとくとくBB光の悪い口コミ・評判を調べると多いのは次のような項目です。

  • キャッシュバックが受け取れなかった
  • GMOとくとくBB光を解約する際にお金がかかった
  • 速度が遅い
  • サポートが悪い

どれも光回線を選ぶ上で重要な内容です。

しかしこれらの口コミは、事前にしっかりと下調べをしておくことで回避することができます。

キャッシュバックが受け取れなかった

GMOとくとくBB光を契約するとキャンペーンでキャッシュバックがもらえます。

新規契約・転用・事業者変更どの契約方法でもキャッシュバックの対象となりますが、キャッシュバックを受け取るためには、決められた手順があります。

キャッシュバックの流れは次の通りです。

キャッシュバックの流れ

キャッシュバックは誰でももらえますが、上記の流れで手続きを行わないとキャッシュバックを受け取ることができません。

キャッシュバックの注意点

  • キャンペーンの適用条件を理解しておくこと
  • 基本メールアドレスは必ずチエックすること
  • メールが送られてくる時期を把握しておくこと
  • 期間内にキャッシュバックの申請をすること

キャッシュバックがもらえないといった口コミ・評判は、メールの見落としや期間内に手続きを行わなかったためにキャッシュバックがもらえなかったというケースがほとんどです。

上記4点に注意しておけばキャッシュバックは受け取れます。

GMOとくとくBB光を解約する際にお金がかかった

GMOとくとくBBひかりは契約期間がありませんので、いつ解約しても解約違約金が発生しません。

しかし工事費についてはキャンペーンの適用で【工事費実質無料】となっているので、短期間で解約してしまうと、解約違約金が無くても工事費の清算をしなければならなくなります。

工事費割引額
戸建てプラン26,400円(1回目 990円/2回目~36回目 726円1回目 990円/2回目~36回目 -726円
マンションプラン25,300円(1回目 1,045円/2回目~36回目 693円1回目 1,045円/2回目~36回目 -693円

工事費実質無料は工事費が無料になるのでは無く、工事費を分割払いした金額と同額が基本料金から割引になります。

例えば戸建てプランをGMOとくとくBB光開通後24カ月で解約した場合、工事費相当額の割引は解約した時点で終了となり、36回に満たない回数分(12回)×毎月の工事費(726円)=8,712円を解約時に一括で支払わなければいけません。

工事費実質無料はGMOとくとくBB光だけでなく、多くの光回線が行なっているキャンペーンです

速度が遅い

GMOとくとくBB光の通信速度は上り下りともに1Gbpsとなっていますが、これはべストエフォートなので実際の通信速度はここまで高速ではありません。

光回線だけでなくすべてのブロードバンドサービスはベストエフォートで表記されていますね

では実際にGMOとくとくBB光を利用した時の通信速度はどのくらいなのでしょう?

通信速度を共有するサイト「みんなのネット回線速度」での集計結果を他の光コラボレーションと比較して見てみます。

光回線各社の実際の通信速度

Ping値下り速度上り速度
GMOとくとくBB光17.41ms230.97Mbps285.69Mbps
ドコモ光19.11ms261.82Mbps277.91Mbps
ソフトバンク光15.46ms305.18Mbps331.99Mbps
ビッグローブ光17.38ms242.7Mbps266.16Mbps
楽天ひかり18.64ms216.48Mbps230.55Mbps

一般的に光回線の速度はベストエフォートの1/3から1/2程度となっているので、GMOとくとくBB光が特別遅いという事はありません。

ただし通信速度は利用者の環境や時間帯に大きく左右されます。

上記の結果よりも高速なこともあればもっと遅くなることもあります。

通信速度が遅い場合は、パソコンやルーターの設定など見直して、それでも通信速度が遅い場合はプロバイダに問い合わせるなどの対応で解決できる場合があります。

通信速度に関係するIPv6接続の設定は特に重要です。
速度を気にするのであれば開通後IPv6接続ができているか確認してください。

サポートが悪い

口コミ・評判を見ていくと「サポートの対応が悪い」という書き込みも多く見られます。

しかし一方では「サポートが親切で満足」といった逆の口コミ・評判も見つけられます。

サポートに関しては会社の質というよりもその時に対応してくれたオペレーターによって大きく変わります。

ベテランで知識豊富なオペレーターもいればサポートセンターに配属されて間もないオペレーターもいます。

「社員教育ができていない」という酷評もありますが、対策として話が通じなければ他のオペレータに変わってもらうか、改めて電話を掛け直すなど対応することも時には必要です。

サポートに関してもGMOとくとくBB光だけでなく、他の光回線でもオペレーターによって対応は千差万別です。

GMOとくとくBB光とは

ここまでGMOとくとくBB光の評判について解説してきましたが、ここからはGMOとくとくBB光の詳細について解説していきます。

GMOとくとくBB光って?

GMOとくとくBB光は、NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光回線と、プロバイダにGMOとくとくBBを組み合わせた光コラボレーションサービスです。

GMOとくとくBBは、GMOインターネットグループ株式会社が運営するインターネットサービスプロバイダで、2009年よりサービスを開始している大手プロバイダです。

他社と比べて月額料金が数百円~数千円程度安い場合もあり、光回線を安く利用したい人におすすめの光回線です。

月額料金が安くても通信速度やサポート等は他の光回線と同様のサービスが受けられます。

また月額料金が安いだけでなくキャンペーンも豊富です。

2024年2月のキャンペーン

  • 月額料金割引(戸建て4,818円 / マンション3,773円)
  • キャッシュバック30,000円
  • 工事費実質無料
  • 他社解約金最大60,000円還元
  • オプション加入で最大25,000円キャッシュバック
  • 無線LANルーター無料レンタル

上記のキャンペーンは2024年2月GMOとくとくBB光特設サイトで行われているキャンペーンです。

通信速度はフレッツ光と同様上り下りともに1Gbpsとなっていますが、一部の地域では上り下り10Gbpsのプランを利用出来ます。

GMOとくとくBB光は他の光コラボレーションと同じサービスで料金が安い光回線です。

GMOとくとくBB光の料金

GMOとくとくBB光を利用するためには、月額料金の他に初期費用オプション料金が必要です。

費用についてはキャンペーンが適用になるものもあるので、詳しく解説していきます。

GMOとくとくBB光の初期費用

GMOとくとくBB光を利用するには初期費用として下記の費用が掛かります。

GMOとくとくBB光の初期費用

契約事務手数料3,300円
工事費戸建て:26,400円 ⇒ 実質無料
マンション:25,300円 ⇒ 実質無料

契約事務手数料は新規・転用・事業者変更のすべてで必要な費用です。

工事費は契約内容によって異なりますが、キャンペーンにより工事費相当額が毎月基本料金から割引となるため、実質無料となります。

注意点として工事費は無料になるわけではなく、工事費と同じ金額が毎月基本料金から割引になるため工事費を支払い終わる前にGMOとくとくBB光を解約してしまうと、残りの月数を清算しなければなりません。

例えば戸建てプランを利用開始から12カ月後に解約すると、工事費は1回目990円、2回目から11回目が726円なので合計8,976円支払い済みとなります。

戸建ての工事費が26,400円なので、残りの17,424円を解約時に支払わなければいけません。

GMOとくとくBB光の月額料金

GMOとくとくBB光は申し込むサイトで月額料金が異なります。

月額料金が安く利用できるのは特設サイトからの申し込みです。

GMOとくとくBB光の月額料金

月額料金
戸建てプラン4,818円/月
マンションプラン3,773円/月

上記の月額料金はGMOとくとくBB光特設ページから申し込んだ場合の料金となっています。

速度や利用できるオプションなど、月額料金とキャンペーン以外は同じなので、特設ページから申し込んだ方がお得にGMOとくとくBBひかりを利用出来ます。

GMOとくとくBB光のオプションサービス

GMOとくとくBB光はオプションサービスも充実しています。

GMOとくとくBB光で利用できるオプションサービスは下記の通りです

GMOひかり電話

GMOひかり電話は光回線を利用したIP電話です。

アナログ電話よりも基本料金、通話料金共に安く、NTTの一般加入電話を持っていれば現在の電話番号、電話機をそのまま利用することができます。

GMOひかり電話に関する料金

プラン名料金
基本プラン550円/月
GMOひかり電話A(エース)1,650円/月
国内通話/3分8.8円8.8円/3分
国際電話(アメリカ本土)/1分9円/1分
携帯電話/1分17.6円/1分

また、留守番電話サービスや転送電話などのオプションサービスも、NTTのアナログ電話で利用出来たサービスが利用出来ます。

GMOひかりテレビ

GMOひかりテレビは光ファイバーを利用してテレビを視聴するサービスです。

テレビを視聴するためのUHFアンテナやBSアンテナを設置する必要が無いので、地震や台風などの自然災害でアンテナが倒壊する心配もなくなり、いつでもきれいな映像でテレビを視聴できます。

GMOひかりテレビの初期費用

テレビ1台接続テレビ2~3台接続
GMO光テレビ
伝送サービス工事料
3,300円3,300円
テレビ視聴サービス
利用登録料
3,080円3,080円
テレビ接続工事料7,150円(単独工事)19,800円(共聴工事)
初期費用合計13,530円26,180円

GMOひかりテレビの月額料金

サービス名料金
テレビ伝送サービス利用料495円/月
テレビ視聴サービス利用料330円/月
合計825円/月

初期費用に工事費などがかかりますが、アンテナを立てるよりも安いので、アンテナの立て替えや新築時の設置も安くすみます。

さらにGMOとくとくBB光では、契約時にGMOひかりテレビを申し込むとキャッシュバックも増額されるので、少ない予算でテレビのアンテナを視聴する環境が整います。

リモートサポートサービス

「インターネットが繋がらない」「プリンタを購入したけれど設定がわからない」などパソコンについて困った時、電話や遠隔操作でサポートするサービスです。

サービス名料金
リモートサポートサービス550円/月

サポートセンターは年中無休(営業時間9:00~21:00)月額料金で何度でも利用可能です。

またサポートだけでなく、1講座1,980円でオンラインパソコン教室も利用可能です。

GMOとくとくBB光のメリットとデメリット

GMOとくとくBB光だけではありませんが、光回線にはメリットもあればデメリットもあります。

光回線を上手に選ぶためには契約前にメリットとデメリットの両方を理解しておくことが大切です。

GMOとくとくBB光のメリット

月額料金が安い

GMOとくとくBB光一番のメリットは月額料金の安さです。

特にGMOとくとくBB光の特設サイトから申し込むと他の光回線よりも500円~1,000円ほど月額料金が安くなります。

光回線各社との月額料金比較

光回線名戸建てプランマンションプラン
GMOとくとくBB光4,818円3,773円
GMOとくとくBB光(特設サイト)5,390円(572円)4,290円(517円)
ドコモ光5,720円(902円)4,400円(627円)
ソフトバンク光5,720円(902円)4,180円(407円)
ビッグローブ光5,478円(660円)4,378円(605円)
楽天ひかり5,280円(462円)4,180円(407円)

ドコモ光とソフトバンク光は光回線の中でも高額ですが、その場合GMOとくとくBB光との差額は戸建てで毎月902円と両機の差が大きく、年間では10,824円と10,000円以上GMOとくとくBB光よりも高額になります。

上記の中でドコモ光、ソフトバンク光ビッグローブ光についてはスマホとのセット割が適用になります。

セット割が適用になるスマホを利用中の方であればGMOとくとくBB光よりも通信費全体で比較した場合、コストは低くなるので光回線の月額料金だけで決めず、家庭の通信費全体で比較するの重要です。

キャンペーンが充実

月額料金の安い光回線はGMOとくとくBB光以外にもありますが、月額料金の安い光回線の多くはキャッシュバックなどのキャンペーンが多くありません。

しかしGMOとくとくBB光は月額料金が安い上にキャンペーンも充実しています。

キャンペーンは申し込む時期のより内容が異なります。

  • 月額料金割引
  • 工事費実質無料
  • キャッシュバック30,000円
  • オプション加入で最大27,000円キャッシュバック
  • 他社解約違約金最大60,000円還元

キャンペーンの詳しい内容はこの後に紹介する【GMOとくとくBB光のキャンペーン】で詳しく解説します。

IPv6接続が標準

IPv6接続はインターネットの接続方法で、従来のIPv4接続よりも通信速度が速く快適にインターネットを利用することができます。

光回線によってはIPv6接続は有料オプションの場合がありますが、GMOとくとくBB光では標準でIPv6接続を利用出来ます。

また、IPv6接続を利用するためには対応のルーターが必要ですが、GMOとくとくBB光ではIPv6対応の無線LANルーターを無料でレンタルできるので自分でルーターの用意をする必要が無いのも大きなメリットです。

契約期間(縛り)が無い

多くの光回線は2年や3年の契約期間を設けることで月額料金を安く提供しています。

一例としてドコモ光やソフトバンク光を契約期間無しのプランを選ぶと以下の料金になります。

光回線各社の契約期間無しプランの月額料金比較

光回線名戸建てプランマンションプラン
GMOとくとくBB光4,818円3,773円
ドコモ光(契約期間無し)7,390円5,500円
ソフトバンク光(契約期間無し)6,930円5,390円

月額料金が高いだけでなく契約期間無しにすると、一部のキャンペーンが適用にならない場合もあります。

GMOとくとくBB光は月額料金が安くても契約期間が設けられていないので、いつ解約しても解約違約金が発生することはありません。

解約時の評判と口コミはホント?

解約時にお金がかかったという書き込みがありますが、縛りが無いので違約金はありませんが、3年以内の解約した場合、違約金はありませんが工事費の残債を支払わなければいけない場合があります。

以前のように解約規約金が1万円以上になるようなことはありませんので、契約する場合は契約期間を設けたほうがお得です。

キャッシュバック最大114,000円

GMOとくとくBB光のデメリット

GMOとくとくBB光はデメリットは次の通りです。

スマホとのセット割が無い

GMOとくとくBB光一番のデメリットはスマホとのセット割が無いことです。

以下の光回線は、スマホとセットで利用することでスマホの料金が割引となります。

他社光回線セット割割引額

光回線名対象スマホ割引額
ドコモ光ドコモスマホ1台に付き最大1,100円
ソフトバンク光ソフトバンク・ワイモバイルスマホ1台に付き最大1,100円
ビッグローブ光au・UQモバイルスマホ1台に付き最大1,100円
楽天ひかり楽天モバイル6カ月間楽天ひかりの基本料金無料

キャンペーン期間中に付き、楽天モバイルセットで利用することで、6カ月間楽天ひかりの月額基本料金が無料になります。

セット割が適用になるスマホを利用中であれば、家庭の通信費全体で他の光回線と比較すると、GMOとくとくBB光はコストが高くなってしまいます。

店頭での申し込みができない

GMOとくとくBB光の申し込みはWEBからの申し込みのみで、店頭での申し込みができません。

他の光回線のように対面での申し込みができないので、申し込み時に質問などができませんが、申し込み後にGMOとくとくBB光のオペレーターから電話があるので、その際不明な点等を直接確認することができます。

GMOとくとくBB光の通信速度

GMOとくとくBB光は1ギガプランと10ギガプランの2つのプランがありますが、それぞれの通信速度は下記のようになっています。

GMOとくとくBB光の通信速度

プラン上り通信速度下り通信速度
GMOとくとくBB光1ギガ1Gbps1Gbps
GMOとくとくBB光10ギガ10Gbps10Gbps

上記はベストエフォートとなっていますので、実際に利用する際の通信速度はこれよりも遅くなります。

GMOとくとくBB光の実測値

気になるのは、実際にGMOとくとくBB光を利用して通信速度がどれくらいなのかです。

光回線などインターネットの通信速度を共有するサイト【みんなのネット回線速度】で、GMOとくとくBB光の通信速度の集計結果は下記の通りです。

GMOとくとくBB光の実際の通信速度

戸建てプランマンションプラン
下りping値下りping値
408.11Mbps23.17ms611.96Mbps12.73ms
309.05Mbps16.29ms410.96Mbps15.04ms
夕方330.2Mbps15.36ms465.67Mbps15.04ms
332.81Mbps19.38ms323.61Mbps17.06ms
深夜299.17Mbps18.26ms435.91Mbps13.58ms

上記はあくまで平均的な速度なので、利用者の場所や環境により実際の速度は異なります。

通信速度はほぼ300Mbps以上となっているので、オンラインゲームや大きなデータのやり取りもストレスなく利用出来ます。

平均速度よりも通信速度が遅い場合は、IPv6接続やルーターのリセットなどの作業を行うことで速度が改善される場合もあります。

通信速度の評判と口コミはホント?

ネット上の評判・口コミでも「通信速度も良く値段も比較的安いので満足」「料金はかなり安いし、通信速度も安定」などの口コミが見られますが、速度が遅いという評判も少なくありません。
通信速度は利用者の環境や時間帯で大きくかわるので、一概にGMOとくとくBB光は遅いとは言えません。

GMOとくとくBB光のキャンペーン

GMOとくとくBB光の申し込みはWEBからの申し込みのみとなりますが、WEBからの申し込みページは通常ページと特設ページがあります。

GMOとくとくBB光特設ページの2024年2月のキャンペーンは下記の通りです。

月額料金割引

特設ページからGMOとくとくBB光を申し込むと通常ページより安く利用出来ます。

通常サイト特設サイト
戸建てプラン5,390円/月4,818円/月
マンションプラン4,290円/月3,773円/月

割引額はGMOとくとくBB光を利用中は永年適用になります。

ただし一度解約してしまったり、プラン変更してしまうと次からは適用できませんので注意してください。

通常ページと特設ページでは月額料金が違うので申し込むページを確認してから申し込みをしてください。

工事費実質無料

GMOとくとくBB光は通常初期費用として工事費が戸建て26,400円、マンションが25,300円かかりますが、キャンペーン期間中に特設サイトからGMOとくとくBB光を申し込むと工事費相当額が毎月の月額料金から割引になります。

工事費割引額
戸建てプラン26,400円(1回目 990円/2回目~36回目 726円1回目 990円/2回目~36回目 -726円
マンションプラン25,300円(1回目 1,045円/2回目~36回目 693円1回目 1,045円/2回目~36回目 -693円

キャンペーンの適用で工事費が実質無料となります。

3年以上の利用で工事費は無料という事になります。
3年未満で解約する場合、違約金はかかりませんが工事費の清算は必要です。

キャッシュバック30,000円

キャンペーン期間中にGMOとくとくBB光を特設サイトから申し込むと、誰でも30,000円キャッシュバックがもらえます。

受取時期GMOとくとくBB光開通の12カ月後
キャンペーン期間2023年11月1日~(終了未定)
適用条件・キャンペーン期間中に特設サイトよりGMOとくとくBB光を申し込むこと
・指定の方法でキャッシュバックの申請をすること

キャッシュバックを受け取るためには指定の手続きが必用です。

キャッシュバックの流れは次の通りです。

キャッシュバック受け取りの流れ

STEP
申し込み

GMOとくとくBB光特設サイトから申し込みをします。
通常プランの特設サイトはこちら
10ギガプランの特設サイトはこちら

STEP
GMOとくとくBB光開通

工事完了後GMOとくとくBB光を利用開始します。

STEP
メールの受信

GMOとくとくBB光を利用開始した月を1カ月目として、11カ月目に基本メールアドレスにキャッシュバックに関するお知らせのメールが送られてきます。
※基本メールアドレスがわからない場合は、GMOから送られてくる登録証に記載されています。

STEP
口座の登録

メールを受信したらメール内の指示に従って申請フォームに必要事項を記入し登録します。

STEP
キャッシュバックの受け取り

申請フォームの登録が完了した翌月末日登録した口座に振り込みとなります。

STEP3のメールの受信を見落としてしまうと、申請を忘れてキャッシュバックがもらえなくなってしまいますので、メールの見落としには十分注意してください。

どの光回線でもキャッシュバックのキャンペーンについては申請方法を把握しておくことが重要です!

オプション加入で最大25,000円キャッシュバック

キャンペーン期間中にGMOとくとくBB光と同時に、下記のオプションサービスを申し込むと、オプションサービスにより下記のキャッシュバックがもらえます。

オプションサービス名キャッシュバック額
GMOひかりTV20,000円増額
GMOひかり電話3,000円増額
インターネット安心セキュリティおよび
スマホトラブルサポート+
2,000円増額

オプション加入キャッシュバックはキャッシュバックの受取り手続きは不要で、キャッシュバック30,000円に加算されて受け取れます。

注意点として転用・事業者変更の場合で光電話やひかりTVをすでに利用している場合は、キャッシュバックの対象外となります。

オプション契約のキャッシュバックの対象は新規の場合のみとなりますので注意してください。

他社解約違約金最大60,000円還元

GMOとくとくBB光に乗り換える際、利用中のブロードバンドサービスを解約するためにかかる費用を最大60,000円までキャッシュバックしてもらえます。

キャッシュバックの対象となるのは下記の通りです。

  • 現在利用中のブロードバンドサービス工事費、端末代(モバイルルーターなど)の残債
  • ブロードバンドサービスの長期割引等にかかわる解約金
  • ブロードバンドサービス、テレビ、電話等の施設撤去に関わる費用や解約金
  • GMOとくとくBB光に変更する際の、プロバイダ解約にかかる解約料・他社固定電話からNTTアナログ回線への切り替え時発生する工事料

キャッシュバックを受けるためには解約にかかった費用の明細が必要となるので、明細は捨てずに保管しておいてください。

キャッシュバックがもらえないという評判・口コミがありますが、キャッシュバック30,000円と同じく、受け取るためには指定の手続きが必用です。

他社解約違約金還元の申し込み方法

STEP
GMOとくとくBB光の申し込み

特設サイトからGMOとくとくBB光を申し込みます

STEP
申し込み完了メールの受信

申し込みが完了するとGMOとくとくBBから申し込み完了メールが送られてきます。
送られてきたメールに解約違約金キャッシュバック申請フォームのURLがあるので、ここから特典の申請を行います。

STEP
書類の提出

GMOとくとくBB光開通後必要書類をGMOとくとくBBに送付します。
書類のソフトは送られてきたメールに必要書類を添付して返信します。

書類は写真(明細のスクリーンショットでも可)やPDFを返信メールに添付してください

IPv6対応無線LANルーター無料レンタル

GMOとくとくBB光はIPv6接続が標準で利用出来ます。

IPv6接続を利用するにはIPv6に対応したルーターが必要ですが、GMOとくとくBB光はIPv6対応の無線LANルーターが無料でレンタル出来ます。

上記のいずれかの無線LANルーターが利用出来ますが、どの無線LANルーターになるかは契約者が選ぶことは出来ません。

無線LANルーターの評判と口コミはホント?

評判・口コミでは少数ですがレンタルルーターの返却が無いため、違約金が発生したといったトラブルがあります。
GMOとくとくBB光を利用する際は、GMOとくとくBB光が無料でレンタルするルーターの他に、NTTからレンタルするONUがあります。
それぞれNTTとGMOとくとくBBの別々に返却しないといけませんが、NTTにどちらも返却してしまう事があるようです。
無線LANルーターをNTTに返却してしまうと、GMOとくとくBBでは返却がされていない扱いになってしまうので、違約金が発生してしまいます。
このようなトラブルが起きないためにも、必ず契約書は目を通すようにしてください。

利用開始から38カ月目以降に解約する場合は返却不要です。

GMOとくとくBB光はキャンペーンが充実

GMOとくとくBB光がおすすめの人とおすすめできない人

GMOとくとくBB光は光コラボアワードでも5冠達成するほど人気の光回線ですが、すべての人におすすめと言う訳ではありません。

そこでここからはGMOとくとくBB光がおすすめの人とおすすめできない人をそれぞれ解説していきます。

GMOとくとくBB光がおすすめの人

GMOとくとくBB光がおすすめの人は次のような人です。

  • 光回線を出来るだけ安く使いたい人
  • オンライン専用プランのスマホや格安スマホを利用している人
  • キャッシュバックが欲しい人
  • 契約期間が無い光回線を利用したい人

光回線を上手に選ぶコツは携帯電話とセットで利用することです。

キャリア光回線
ドコモ(ahamo除く)ドコモ光
au(povo除く)・UQモバイルauひかり・ビッグローブ光
ソフトバンク(LINEMO除く)・ワイモバイルソフトバンク光・NURO光(ワイモバイル除く)

上記の組み合わせで光回線とスマホをセットで利用すれば、スマホの料金が毎月最大1,100円割引になるので家庭の通信費が節約できます。

GMOとくとくBB光はセット割が無いので、ahamoやLINEMOなどセット割対象外のプランや、格安スマホを利用中の方に特におすすめです。

GMOとくとくBB光がおすすめできない人

GMOとくとくBB光がおすすめできない人は次のような人です。

  • セット割が適用になるスマホを利用中の方
  • 対面での契約を希望する方
  • 他の光回線よりも高速な光回線を利用したい方

GMOとくとくBB光はインターネットからの申し込みのみとなっていますので、対面での申し込みではないと不安という方にはおすすめできません。

ただしインターネットからの申し込み後に、GMOとくとくBB光のオペレーターから折り返し契約内容の確認の電話がかかってきます。

この際に質問や不安なことなどについてオペレータに質問できるので心配はありません。

GMOとくとくBB光の申し込みから開通までの流れ

GMOとくとくBB光はインターネットでの手続きだけしかありませんので、手続きが不安という方もいると思います。

しかしインターネットからの手続きはとても簡単で、10分もあれば手続きは完了してしまいます。

そこで、ここからはGMOとくとくBB光をインターネットから申し込む流れについて解説してきます。

申し込みから開通までの流れ

STEP
申し込み

GMOとくとくBB光の特設ページから申し込みを行います。
特設ページにある【WEBからお申し込み】の項目に【新規お申し込み】【乗り換えお申し込み】のボタンがあるので希望する項目をクリックします

STEP
必要事項の入力

申し込みページに移動したら必要事項を入力してください。
入力を進めていくとGMO ID・基本メールアドレスの入力画面が表示されますので希望するアドレスを入力します。

ここで決めたメールアドレス宛にキャッシュバックに関するメールが届きます。
また必要事項の入力ページで希望の工事日を入力しておきます。

STEP
工事日の確認

申し込み後2~3日で希望した工事日の中から工事が可能な日程がメールで送られてきます。
このメールには工事の流れについても説明があるので見落さないよう注意してください

STEP
Wi-Fiルーターの受け取り

工事予定日のおよそ1週間前にGMOとくとくBBから無線LANルーターが発送となります。
無線LANルーターは必ず工事予定日前までに受け取ってください

STEP
工事

工事当日または前日に工事担当者から大体の訪問時間の連絡があります。

工事は2~3時間となりますが、宅内に入る場合は必ず立ち合いが必要です。

工事完了後は工事担当者が設置したNTTの機器(ONU)と事前送られてきた無線LANルーターを接続します。
次にパソコンやスマホなどを無線LANルーターと接続すればインターネットが利用可能です。

GMOとくとくBBひかりは24時間365日いつでも申し込みができるので、忙しい人でも手軽に申し込むことが可能です。

GMOとくとくBB光の申し込みは特設ページからがお得!

GMOとくとくBB光に関するよくある質問

キャッシュバックの案内メールはいつ送られてきますか?

メールはGMOとくとくBB光の利用開始から11カ月目に送られてきます。

またメールの配信日および振込予定日はGMOとくとくBBの公式サイトにある【よくある質問】で公開されていますので確認してください。

無線LANルーターはいつ頃届きますか?

工事予定日の1週間前に発送となります。

無線LANルーターは出荷後に登録メールアドレス宛にお知らせのメールが送られてきます。

メールに達周便のお問い合わせ番号が記載されているので、配送状況も確認できます。

ルーターの返却はどうすればいいの?

GMOとくとくBB光からレンタルしている無線LANルーターは下記の返却先まで、解約月の翌月20日までに送付してください。

無線LANルーター返却先

〒945-1352
新潟県柏崎市安田田尻工業団地7550-1 新進テック(株)内
GMOとくとくBB 物流センター Wi-Fiルーター返却係
電話番号 : 0570-045-109

NTTのホームゲートウェイやONUはNTTから返却キットが送られてきますが、無線LANルーターは返却キットが送られてきませんので自分で箱などを用意して返却してください。

GMOとくとくBBに送り返しているのに違約金が発生した場合は、GMOの手違いも考えられるのでその際はサポートセンターに確認して返金などの対応を依頼してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次